看護助手から看護師へ

病院で働く人たちの中に看護師と似た仕事の人がいます。
看護師や医師のサポートをする看護助手というのがそれです。
看護助手になるためには資格が必要なく、看護師を目指して勉強中の方々が看護助手として働いているケースが多くあります。

●●看護助手の仕事の内容
看護助手や医療や看護の現場で看護師のサポートをする仕事で、看護師のように資格が必要ではありません。
したがって注射などの医療に関する行為を行うことはできず、主に入院患者の食事や身の回りの世話、入浴の介助などを行っています。
その他にも、家族の方とのやり取りや診察・手術室への誘導なども担当しますので、意外と看護師の方よりも患者さんにとって身近な存在かもしれません。
実際に、患者さんの方から頼られたり感謝されたりすることが多い仕事でもあります。
正規雇用のケースは少なくパートタイムや契約社員であることが多いようです。
資格が必要ないことから、子育てが一段落した人などがパートタイムで働くケースもありますし、看護師を目指して勉強中の方が働いているケースもたくさんあります。
特に、実際に医療の現場で働くことができるわけですので現場での専門的な知識が身に付いていきます。
と同時に、患者さんの生命をもあずかる職場でもあり、患者さんや看護師、医師とのコミュニケーション能力、事務処理能力なども必要な仕事であるといえるでしょう。

●●看護助手の認定資格がある
看護・医療の現場での人手不足から看護師の増員が図られていますが、それとともに看護助手のニーズも高まっています。
そんな中、看護助手の仕事も高度化・専門化が進んできています。
このような現場の変化に応じて、看護助手に関する民間の認定資格が生まれています。
NPO法人である医療福祉情報実務能力協会が実施している「メディカルケアワーカー(R)」というのがそれです。
あくまで民間の認定資格であり、資格取得が仕事に直結するわけではありませんが、履歴書に書くことができますのでスキルや実力をアピールする資料となるでしょう。
↓↓↓
准看護師学校対策